エロー外務・国際開発大臣がベルギーのレインデルス副首相・外務大臣と電話会談 [fr]

 ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣は3月22日、ベルギーのディディエ・レインデルス副首相・外務大臣と電話会談を行いました。

ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣声明(2016年3月22日)

 ベルギーを今朝襲ったテロの恐怖を受け、私は同国のディディエ・レインデルス外務大臣に電話でフランスの深い悲しみを伝えました。

 今般の会談で、多くの犠牲者と負傷者を出したブリュッセルの重大事態について現状を総括することができました。この悲劇的なときにおいて、我々は何よりもまず犠牲者の方々とそのご家族や近親者のことを思います。

 私はベルギーへのフランスの連帯を表明するとともに、この恐ろしい試練において我々の友人であるベルギー国民との団結を改めて明らかにしました。

 我々はベルギーのレインデルス外務大臣と、テロ対策に関する行動の連携を一層強化する緊急性についても強調しました。

最終更新日 24/03/2016

このページのトップへ戻る