ブリュッセルの事件を受けて、オランド大統領が関係閣僚と緊急会合 [fr]

 フランソワ・オランド大統領は3月22日、ブリュッセル連続テロを受けて、関係閣僚と緊急会合を開きました。

JPEG

フランス共和国大統領府声明(2016年3月22日)

 フランソワ・オランド大統領はベルギー国民への全面的な連帯を表明します。

 オランド大統領はこの重大事態で必要となるすべての支援を行うため、ベルギー当局と常に連絡を保っています。

 ブリュッセル連続テロを通して、ヨーロッパ全体が打撃を受けています。このことによってヨーロッパは、脅威の重大性に対して必要不可欠な措置を講じることが求められます。昨年1月と11月に攻撃を受けたフランスは、それに全面的に取り組みます。フランスは国際レベルおよび国内レベルで、テロとの戦いを断固として続行します。

 このような状況において、フランス政府は安全対策、国境および交通インフラにおける取り締まりを強化することを決定しました。

 オランド大統領は犠牲者方々のご家族および近親者に衷心より哀悼の意を表するとともに、ベルギーに友情を表明します。

最終更新日 24/03/2016

このページのトップへ戻る