オランド大統領がベルギー大使館を弔問 [fr]

 フランソワ・オランド大統領は3月22日、パリのベルギー大使館を弔問しました。

 私はパリのベルギー大使館を弔問し、フランスを代表して、ベルギー国民に以下の支援メッセージを寄せました。「この悲劇的な日において、フランスは卑劣なテロに襲われたベルギーの側に立っています。パリ、コペンハーゲン、そして再びパリの後、今度はブリュッセルが攻撃されました。全ヨーロッパ、その価値観、その原則、民主主義が狙われています。我々は一致団結して、テロに打ち勝ちます。私はフランスを代表して、犠牲者の方々、そのご家族および近親者への連帯と、ベルギー国民への友情を表明します」

 

最終更新日 24/03/2016

このページのトップへ戻る