エア・リキード社が必須分子に関する革新的ソリューションを公募 [fr]

 エア・リキード・グループは今年1月、公募「Air Liquide Essential Molecules Challenge 」を開始しました。応募期限は2016年4月28日(水)。

JPEG エア・リキード社は昨年12月、専門分野の拡大に伴って、極めて重要なガスや単純分子にかかわる3つのテーマに沿ったプロジェクトを公募しています。

 公募のテーマは以下の3つです。

  • 「Sunny H2 in a bottle」-太陽エネルギーで水から水素を効率よく生成する方法
  • 「Pocketable small molecules」-ガスを高密度で吸蔵し、安全に放出できる吸着材の特定
  • 「CO2, Give back your O2 !」-二酸化炭素(CO2)から酸素(O2)と一酸化炭素(CO)を生成する環境配慮型の方法

 応募対象はあらゆる領域(学界、スタートアップ企業、民間・公的研究開発機関など)のチームまたは個人です。4月28日(水)までに革新的なソリューションの提案をご応募ください。採用者にはエア・リキード科学賞が授与されるほか、同社グループと2年から4年の期間、採用案を協力して開発できます。

 詳しくはエア・リキード社ホームページをご覧ください。

最終更新日 10/03/2016

このページのトップへ戻る