シリアのホムスとサイイダ・ザイナブでテロ発生 [fr]

 フランス外務・国際開発省報道官は2月21日、シリアのホムスとダマスカス南郊のサイイダ・ザイナブで発生したテロを非難する声明を発表しました。

 フランスはシリアのホムスとダマスカス南郊のサイイダ・ザイナブで発生し、数百人の犠牲者を出したダーイシュ(「イスラム国」)によるテロを最も断固とした形で非難します。

 これらの行為は、このテロ組織の残虐性を改めて示すものです。責任者は釈明をしなければなりません。

 ダーイシュに対して武力を投入したフランスは、すべてのパートナーにこのテロ組織に対する対策を強化するよう呼びかけます。それに加えて、シリア危機に対する政治的解決を見いだす必要性を強調します。

最終更新日 23/02/2016

このページのトップへ戻る