ジュリエット・メアデル首相付被害者支援担当大臣

フランス語 - JPEG

Juliette Méadel
Secrétaire d’État auprès du Premier ministre, chargée de l’Aide aux victimes

JPEG

1974年4月17日、パリ生まれ

閣僚歴

  • 首相付被害者支援担当大臣(2016年2月12日より)
    政治的役職歴・選挙歴
  • 社会党報道官(2014年8月-2016年2月)
  • 産業・デジタル・社会的連帯経済担当全国書記(2014年4-7月)
  • パリ14区議会議員(2008-14年)
  • 社会党全国執行部員(2005年より)

経歴

  • 会計検査院報告者(2014-16年)
  • 国庫総局上級行政官(2011-14年)
  • 国立行政学院在籍(2009-11年)
  • パリ第2大学私法学専攻博士課程・助教授(2003-08年)
  • パリ弁護士会所属弁護士(1998-2002年)

学歴

  • 国立行政学院(ENA)卒業、「ロベール・バダンテール」期生
  • 私法学博士号(パリ第2大学)
  • 弁護士適性証書、パリ弁護士会
  • 哲学専門教育課程(DEA)修了(パリ第1大学)
  • パリ政治学院(IEP)卒業

著書

  • 『Les Marchés financiers et l’ordre public/金融市場と公共秩序』、パリ、L.G.D.J出版(2007年)

最終更新日 16/03/2016

このページのトップへ戻る