マニュエル・ヴァルス新内閣 [fr]

 フランソワ・オランド大統領は2016年2月11日、内閣改造を発表しました。

退任した大臣

ローラン・ファビウス外務・国際開発大臣

シルヴィア・ピネル住宅・地域間平等・農村問題大臣

マリリーズ・ルブランシュ地方分権・公務員大臣

フルール・ペルラン文化・通信大臣

新任および新職名の大臣

ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣

セゴレーヌ・ロワイヤル環境・エネルギー・海洋大臣、気候に関する国際関係担当

マリソル・トゥーレーヌ厚生大臣

ジャン=ミシェル・バイレ国土整備・農村問題・地方自治体大臣

エマニュエル・コス住宅・持続可能居住大臣

オードレ・アズレ文化・通信大臣

ローランス・ロシニョル家族・児童・女性権利大臣

アニック・ジラルダン公務員大臣

新任および新職名の担当大臣(議題が管轄に関連する場合は閣議に出席)

エリカ・バレッツ首相付 実質平等担当大臣

ジャン=ヴァンサン・プラセ首相付 国家改革・簡素化担当大臣

ジュリエット・メアデル首相付 被害者支援担当大臣

アンドレ・ヴァリニ外務・国際開発大臣付 開発・フランコフォニー担当大臣

アラン・ヴィダリス環境・エネルギー・海洋大臣(気候に関する国際関係担当)付 運輸・海洋・漁業担当大臣

バルバラ・ポンピリ環境・エネルギー・海洋大臣(気候に関する国際関係担当)付 生物多様性担当大臣

セゴレーヌ・ヌヴィル厚生大臣付 障害者・疎外防止対策担当大臣

パスカル・ボワタール厚生大臣付 高齢者・自立支援担当大臣

クロティルド・ヴァルテール労働・雇用・職業教育・労使対話大臣付 職業教育・職業訓練担当大臣

エステル・グルリエ国土整備・農村問題・地方自治体大臣付 地方自治体担当大臣

エレーヌ・ジョフロワ都市・青少年・スポーツ大臣付 都市担当大臣

新内閣の閣僚名簿

大臣

ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣

セゴレーヌ・ロワイヤル環境・エネルギー・海洋大臣、気候に関する国際関係担当

ナジャット・ヴァロー=ベルカセム国民教育・高等教育・研究大臣

ミシェル・サパン財務・公会計大臣

マリソル・トゥーレーヌ厚生大臣

ジャン=イヴ・ル・ドリアン国防大臣

ジャン=ジャック・ウルヴォアス国璽尚書、司法大臣

ミリアム・エル・コムリ労働・雇用・職業教育・労使対話大臣

ジャン=ミシェル・バイレ国土整備・農村問題・地方自治体大臣

ベルナール・カズヌーヴ内務大臣

ステファヌ・ル・フォル農業・農産加工業・林業大臣、政府報道官

エマニュエル・コス住宅・持続可能居住大臣

エマニュエル・マクロン経済・産業・デジタル大臣

オードレ・アズレ文化・通信大臣

ローランス・ロシニョル家族・児童・女性権利大臣

アニック・ジラルダン公務員大臣

パトリック・カネール都市・青少年・スポーツ大臣

ジョルジュ・ポー=ランジュヴァン海外県・海外領土大臣

担当大臣

ジャン= マリー・ル・グエン首相付 国会関係担当大臣

担当大臣(議題が管轄に関連する場合は閣議に出席)

エリカ・バレッツ首相付 実質平等担当大臣

ジャン=ヴァンサン・プラセ首相付 国家改革・簡素化担当大臣

ジュリエット・メアデル首相付 被害者支援担当大臣

アルレム・デジール外務・国際開発大臣付 ヨーロッパ問題担当大臣

マティアス・フェクル外務・国際開発大臣付 貿易・観光振興・在外フランス人担当大臣

アンドレ・ヴァリニ外務・国際開発大臣付 開発・フランコフォニー担当大臣

アラン・ヴィダリス環境・エネルギー・海洋大臣(気候に関する国際関係担当)付 運輸・海洋・漁業担当大臣

バルバラ・ポンピリ環境・エネルギー・海洋大臣(気候に関する国際関係担当)付 生物多様性担当大臣

ティエリー・マンドン国民教育・高等教育・研究大臣付 高等教育・研究担当大臣

クリスチャン・エケルト財務・公会計大臣付 予算担当大臣

セゴレーヌ・ヌヴィル厚生大臣付 障害者・疎外防止対策担当大臣

パスカル・ボワタール厚生大臣付 高齢者・自立支援担当大臣

ジャン=マルク・トデシニ国防大臣付 退役軍人・記憶担当大臣

クロティルド・ヴァルテール労働・雇用・職業教育・労使対話大臣付 職業教育・職業訓練担当大臣

エステル・グルリエ国土整備・農村問題・地方自治体大臣付 地方自治体担当大臣

マルティーヌ・パンヴィル経済・産業・デジタル大臣付 商業・手工業・消費・社会的連帯経済担当大臣

アクセル・ルメール経済・産業・デジタル大臣付 デジタル担当大臣

エレーヌ・ジョフロワ都市・青少年・スポーツ大臣付 都市担当大臣

ティエリー・ブライヤール都市・青少年・スポーツ大臣付 スポーツ担当大臣

最終更新日 12/02/2016

このページのトップへ戻る