第5回「デジタル・ショック」-フュチュラマ(未来展望) [fr]

 第5回「デジタル・ショック」-フュチュラマ(未来展望)が2月19日(金)から3月21日(月)まで、アンスティチュ・フランセ東京をメイン会場に開催されます。

第5回「デジタル・ショック」-フュチュラマ(未来展望)
第5回「デジタル・ショック」-フュチュラマ(未来展望)
落合陽一『アリスの時間』
落合陽一『アリスの時間』
ダヴィッド・バンケ『セミコピア』
ダヴィッド・バンケ『セミコピア』
アレックス・オジエ『ヴォクセル』
アレックス・オジエ『ヴォクセル』

 
 先端映像表現とデジタル・カルチャーのフェスティバル「デジタル・ショック」は、日仏イノベーション年開催中の今年で5回目を迎えます。本フェスティバルにとって今年は、パートナーの厚い支援と十分な知名度を得て、日仏交流の影響力を一層拡大するときです。

 これを機にデジタル・ショックは、時間と戯れるとともに、私たちの未来観を楽しみながら解明することを提案します。

 今年は私たちの未来観や新技術がもたらす未来に関する幻想に対して、どのような問いをアーティストや研究者、エンジニアが投げかけているかに焦点を当てます。

 アンスティチュ・フランセ東京では、ダヴィッド・バンケがさまざまな人類の未来を想像させる一方で、落合陽一が私たちの時間観と戯れることを提案します。科学とアートが融合した短編フィクション映画を上映するフェスティバル「BIO-FICTION」も週末を通して開催されます。これに合せてSFやバイオテクノロジーをめぐる対談が行われます。

 アレックス・オジエと1024 architectureは、それぞれデジタルデータを可視化した暗たんたる世界へ、文明が崩壊した未来へと私たちをトリップさせます。この2組のアーティストはメディア・アンビション・トウキョウの一環として、東京の六本木ヒルズ森タワーでインスタレーションを展示します。何の変哲もない外観とは裏腹に、私たちの知覚や感覚に訴えかける作品です。

 日本のメディア・アートの第一人者、藤幡正樹に関する日仏2カ国語の研究書が刊行されます。これを記念してアーティストの軌跡をたどるトークイベントも開催されます。

 本フェスティバルのすべてのパートナーの皆さま、文化庁メディア芸術祭をはじめ、メディア・アンビション・トウキョウ、AMIT(Art, Media and I, Tokyo)など、日本のメディア・アート主要関係機関、ならびにフランス・ナント市のフェスティバル・スコピトーンのご支援に、この場をお借りして心より感謝申し上げます。アンスティチュ・フランセ日本は第2回デジタル・ショック賞授与式をスコピトーンと共催します。受賞者の若手日本人アーティストは今年9月、フランスで作品を発表する機会を得ます。

 デジタル・ショックはパートナーの皆さまのおかげで、意欲的で人気のあるプログラムを提供するとともに、この分野における日仏のコラボレーションやプロジェクトの価値を高めるプラットフォームであり続けることができるのです。

サンソン・シルヴァン
文化プログラム主任 アンスティチュ・フランセ東京


サンソン・シルヴァン - JPEG

プログラム

画像をクリックするとプログラムが拡大します - JPEG

最終更新日 05/02/2016

このページのトップへ戻る