ファビウス外務・国際開発大臣がイランのエブカテール副大統領兼環境庁長官と会談 [fr]

 ローラン・ファビウス外務・国際開発大臣・COP21議長は1月27日、気候変動に関するパリ協定の履行の準備を進めるため、マースーメ・エブテカール・イラン・イスラム共和国副大統領兼環境庁長官とパリのフランス外務・国際開発省で会談しました。

JPEG - 359.2 kb
Photos : F.de La Mure/MAEDI

 ファビウス大臣は会談で、2016年4月22日にニューヨークで行われる署名式と、この協定の発効に必要な批准手続きに触れました。

 両者は気候変動対策分野における2国間協力の強化についても話し合いました。

最終更新日 28/01/2016

このページのトップへ戻る