本村小学校の生徒とガレット・デ・ロワを囲んで交流 [fr]

 在日フランス大使館の職員は1月20日、近所の港区立本村小学校を訪問し、5年生の生徒とガレット・デ・ロワを囲んで交流しました。

 生徒たちは職員からガレット・デ・ロワの由来と、フランスの家庭での伝統的な楽しみ方を聞いた後、みんなでガレットを切り分けて、一人1切れずつガレットを食べました。中から陶製の小さな人形「フェーヴ」が出てきた7人が、この日の王様や女王様になりました。

 本村小学校5年生のみなさんは毎年7月14日、フランス革命記念日祝賀レセプションでフランスと日本の国家を斉唱しています。

JPEG - 385.8 kb
© Ambassade de France au Japon

最終更新日 25/01/2016

このページのトップへ戻る