2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた水素エネルギー [fr]

 日本政府は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて取り組むべき9つのイノベーションの1つとして水素エネルギーを選定しました。

Toyota hydrogen fuel cell at the 2014 New York International Auto Show - JPEG

 日本は新エネルギーとして水素をますます重視しています。CO2排出量がゼロのクリーン燃料であることはもちろん、地震や台風が多い日本のような国では災害時に安定性の高い燃料であることも重要です。今日、水素エネルギー分野で世界のトップランナーである日本は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を利用して、その技術を誇示し、「水素社会」の活力を示そうとしています。

 在日フランス大使館科学技術部は、このテーマに関する総括報告書を作成しました。日本がこのエネルギーを支持する理由とともに、この分野における2020年に向けた日本のプロジェクトを紹介することが目的です。

最終更新日 23/02/2016

このページのトップへ戻る