ダナ駐日大使、毎日新聞の取材に「テロの目的失敗、国民は結束」

 ティエリー・ダナ駐日フランス大使は1月20日、毎日新聞の取材に応じ、パリ同時多発テロについて「フランスを分断させようとしたテロの目的は失敗に終わった」と明言し、フランス国民の結束を強調しました。

JPEG - 44.9 kb
ダナ駐日フランス大使
© MAEDI/Frédéric de La Mure

 昨年末にパリで開催された国連気候変動会議 (COP21) にも言及し、対話と交渉の末に合意に達したCOP21の開催が「テロと戦ううえでの最高の特効薬となった」と語りました。

 記事全文は毎日新聞の1月21日付朝刊、または毎日新聞のニュースサイトでご覧ください。

最終更新日 21/01/2016

このページのトップへ戻る