「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」展 [fr]

 「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」展が1月16日(土)から4月10日(日)まで東京都庭園美術館で、4月24日(日)から6月5日(日)まで宇都宮美術館で開催されます。ティエリー・ダナ駐日フランス大使は1月14日(木)、東京都庭園美術館で行われた開会式に出席しました。

エミール・ガレの脚付杯「ひなげし」、1900年(パリ万国博覧会出品)、北澤美術館蔵
エミール・ガレの脚付杯「ひなげし」、1900年(パリ万国博覧会出品)、北澤美術館蔵
開会式に訪れたティエリー・ダナ駐日フランス大使
開会式に訪れたティエリー・ダナ駐日フランス大使

 
 「アール・ヌーヴォー」の立役者の1人であるエミール・ガレ(1846-1904)は、花や昆虫など自然をモチーフとした作風で知られ、2,500~3,000種の植物を育てていた自身の庭の中で、植物の成長をつぶさに観察しました。自然の描写を通して抽象的な概念を表現することで、ガラスを単なる装飾ではなく、哲学的な世界観を表す芸術作品へと昇華させました。本展では、オルセー美術館所蔵の当時のデッサンやスケッチと、北澤美術館等が所蔵する作品の対比展示を交え、作品にこめられた無言のメッセージを読み解き、ガレの内面世界へと迫ります。

「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」展

  • 1月16日(土)~4月10日(日) 東京都庭園美術館
  • 4月24日(日)~6月5日(日) 宇都宮美術館

「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」展公式ホームページ

最終更新日 15/01/2016

このページのトップへ戻る