フランス外務・国際開発省で「思想の夜」開催 [fr]

 フランス外務・国際開発省は1月27日(水)、新機軸のイベント「思想の夜」を開催します。有識者、アーティスト、建築家が明日の世界を想像するために発言します。さらにフードトラック、ウォーター・バー、書店の臨時出店、公開朗読会などが、本イベントを交流と親睦の特別なひとときにします。

JPEG

第1回「思想の夜」

 アンスティチュ・フランセはローラン・ファビウス外務・国際開発大臣の提案に基づき、第1回理念の夜を開催します。ファビウス大臣はフランスが極めて重視する思想の国際的な普及の場をつくることを望みました。「思想の夜」はどなたでも参加できますが、事前登録が必要です(定員制)。

 国境、市民権、多様性、保健、資源、精神性など、いずれの問題もフランスおよび外国の第一線で活躍する著名人による対話で取り上げられます。有識者、アーティスト、国際的に責任ある立場の人が、今日の世界から明日の世界への移行について考えを深めます。

 文学も来るべき世界の解読に寄与するという理由から、新しい文学シーン出身の作家が作品やエッセーを朗読するイベント「将来を読む」も併催されます。

プログラム

18時:「思想の夜」開会

 我々はどのような世界に生きることになるのか?

 建築家・都市計画家レム・コールハース(オランダ)、社会学者ブリュノ・ラトゥール(フランス)

19時:展望

 空間、境界、交差点が変化する世界で、どのように自らを方向づけるのか?

  • 対話「どのような国境か?」
    歴史学者パトリック・ブシュロン(フランス)、歴史学者アシル・ムベンベ(カメルーン)
  • 対話「どのような横断か?」

 政治学者キャトリーヌ・ヴィトル・ド・ヴァンデン(フランス)、写真家イト・バラダ(モロッコ)

20時:要求

 道徳的および政治的な熱望は今日、どのような新しい意義を持つのか?

  • 対話「どのような市民権か?」
    歴史学者ピエール・ロザンヴァロン(フランス)、社会学者・経済学者サスキア・サッセン(オランダ)
  • 対話「どのような英知か?」

 哲学者ミカエル・フセル(フランス)、哲学者スレチコ・ホルヴァト(クロアチア)

21時:「思想の夜」特別討論

 どのような未来のための、どのような司法か?

 弁護士・大学教員・政治家ロベール・バダンテール(フランス)、法学者・最高裁判事ステファン・ブレイヤー(アメリカ)

22時:条件

 明日の世界が生きやすくなる、または生き難くなる条件とは?

  • 対話「どのような保健衛生?」
    医師ジャン=フランソワ・デルフレシ(フランス)、医師ヴィン=キム・グエン(カナダ)
  • 対話「どのような資源?」

 気候変動交渉担当大使ローランス・テュビアナ(フランス)、古気象学者ヴァレリー・マソン=デルモット(フランス)

23時:道標

 アート、科学、精神性の間で、意義への要求は将来的にどのような形をとるのか?

  • 対話「どのような精神性か?」
    政治学者オリヴィエ・ロワ(フランス)、哲学者スーレマヌ・バシール・ディアニュ(セネガル)
  • 対話「どのような人生か?」

 医師・生物学者ジャン=クロード・アメゼン(フランス)、アーティストのホァン・ヨンピン(黄永砯)(中国)

24時:閉会

 将来の世界。

 ハッカーのオードリー・タン(唐鳳)(台湾)、エンジニアのブレイス・アグエラ・ヤルカス(アメリカ)

パネリスト

  • ブレイス・アグエラ・ヤルカス、エンジニア、アメリカ
  • ジャン=クロード・アメゼン、医師・生物学者、フランス
  • ロベール・バダンテール、弁護士・大学教員・政治家、フランス
  • イト・バラダ、写真家、モロッコ
  • パトリック・ブシュロン、歴史学者、フランス
  • ステファン・ブレイヤー、法学者・最高裁判事、アメリカ
  • ジャン=フランソワ・デルフレシ、医師、フランス
  • スーレマヌ・バシール・ディアニュ、哲学者、セネガル
  • ミカエル・フセル、哲学者、フランス
  • スレチコ・ホルヴァト、哲学者、クロアチア
  • ホァン・ヨンピン(黄永砯)、 アーティスト、中国
  • レム・コールハース、建築家・都市計画家、オランダ
  • ブリュノ・ラトゥール、社会学者、フランス
  • ヴァレリー・マソン=デルモット、古気象学者、フランス
  • アシル・ムベンベ、歴史学者、カメルーン
  • ヴィン=キム・グエン、医師、カナダ
  • ピエール・ロザンヴァロン、歴史学者、フランス
  • オリヴィエ・ロワ、政治学者、フランス
  • サスキア・サッセン、社会学者・経済学者、オランダ
  • オードリー・タン(唐鳳)、ハッカー、台湾
  • ローランス・テュビアナ、気候変動交渉担当大使、フランス
  • キャトリーヌ・ヴィトル・ド・ヴァンデン、政治学者、フランス

ライブ配信:1月27日18時~翌午前2時(日本時間1月28日午前2時~10時)

 「思想の夜」参加希望者から多数の応募が寄せられました。事前登録はすでに締め切られましたが、サル・ボーヴェで行われる討論会のライブ映像がフランス語英語で配信されます。グランド・サルで行われる討論会のライブ映像もフランス語英語で配信されます。

プレスリリース

JPEG

最終更新日 02/02/2016

このページのトップへ戻る