イスタンブールで発生したテロに関するファビウス外務・国際開発大臣の声明 [fr]

 ローラン・ファビウス外務・国際開発大臣は1月12日、トルコのイスタンブールで発生したテロに関する声明を発表しました。

 今朝、イスタンブールの観光地スルタンアフメット地区でテロが発生し、少なくとも10人が死亡、多数の負傷者が出たという報告を受け、深く憂慮しています。

 この卑劣な襲撃を最も断固とした形で非難するとともに、トルコ国民および再び大きな打撃を受けた同国の当局に全面的な連帯を表明します。

 被害者の家族と近親者に心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 私の指示により、危機対策室がパリとイスタンブールに直ちに設置されました。パリのコールセンターの電話番号は「01 43 17 56 46」です。

 在イスタンブール・フランス総領事館とフランス外務・国際開発省危機支援センターも動員されています。

 トルコに在留するフランス人に対して警戒指令が即時伝達されました。

最終更新日 13/01/2016

このページのトップへ戻る