美食の祭典「グード・フランス」が2016年も開催 [fr]

 前回の成功を受けて、第2回「グード・フランス」が2016年3月21日、世界同時開催されます。

JPEG

 フランス料理の名シェフ、アラン・デュカスとフランス外務・国際開発省の主導のもとで開催される「グード・フランス」は、フランス流の生活美学や郷土食材を前面に出しながら、フランス観光の魅力を食を通してアピールするイベントです。

 美食はこれまで以上にフランス観光の大きな魅力の一つとなっています。

 オーギュスト・エスコフィエが1912年に始めた「エピクロスの晩餐会」(同一メニューを同じ日に、世界の複数の都市で大勢の会食者に供する行事)をヒントに企画された「グード・フランス」は、趣旨に賛同する世界中のレストランが参加して開催される大規模なイベントです。

 世界5カ国で1,000人を超えるシェフが、フランス料理の優れたノウハウをヒントに考案したコースメニューを大勢の美食ファンに供します。参加レストランは食前酒、前菜、主菜、チーズ、デザート、フランス産のワインまたはシャンパンで構成されるコースメニューを提供します。

 各レシピは「美食」と環境に配慮し、脂肪分、砂糖、塩分を控えめにした料理となります。価格設定は参加レストランに委ねられますが、各店は売り上げの5パーセントを健康や環境の保全のために活動するNGO(非政府組織)に寄付します。

 参加レストランのほかに、フランス大使館も大使公邸で晩餐会を催してイベントに参加します。

国際シェフ委員会

 国際シェフ選考委員会が2016年1月中に参加シェフ名簿を確定します。選考委員を務めるシェフは、それぞれの地区の応募レストランから提案されたコースメニューを審査します。

フランスを堪能してもらうためのイベント

 フランスの観光産業は「国の宝」です。国内総生産(GDP)の7.5%を占め、雇用規模は200万人近くに達します。

 美食は今日、外国人観光客がフランスを旅行先に選ぶ主な理由の一つです。フランス文化の海外普及にも大きく貢献しています。

 「グード・フランス」はフランス観光PRの絶好の機会であり、フランスの観光振興を後押しします。

フランスの地方旅行への誘い

 イベントではフランス各地方の観光振興を目的とする「フランス旅行目的地契約」を前面に出します。この契約は自然遺産、芸術遺産、建築遺産、スポーツ活動などを中心に、地方都市や農村部、沿岸地方や山岳地方の観光の魅力をアピールすることが狙いです。

 20件の旅行目的地契約が2014年12月から2015年6月までの間に、フランス外務・国際開発省で締結されました。対象地域はルーヴル・ランス周辺、オーヴェルニュ、ビアリッツ湾、ボルドー、ブルゴーニュ、ブルターニュ、コルシカ、ドルドーニュ、フランス領ギアナ、ヴォージュ山塊、モン・サン=ミシェルとその湾、美食都市リヨン、ジュラ山地、ノルマンディー-イール・ド・フランス「印象派の地」、パリ(「拡張都市」)、プロヴァンス、ピレネ、ヴァル・ド・ロワール、ヴァレ・ド・ラ・シャンパーニュ、アルプス山脈です。

第1回「グード・フランス」の開催結果

 世界5大陸の1,300を超えるレストラン(うち外国が85%)と150のフランス大使館で、10万人以上の会食者がフランスのディナーを味わいました。

 世界各国の在外フランス大使館では、約5,000人が大使公邸に招待されました。

 各シェフの豊かな創造性が存分に発揮された合計1,500の特別メニューが供され、フランスの美食を囲む楽しいひと時が世界中で共有されました。

 次回は2016年3月21日に開催されます。参加レストラン1,000店のうちの1店でシェフが腕を振るう創造性豊かなコースメニューをご堪能ください。

 「グード・フランス」に参加を希望されるレストランは、こちらのページから。応募期限は2016年2月22日(月)まで。

 詳しくはフランス観光開発機構ホームページをご覧ください。

最終更新日 03/02/2016

このページのトップへ戻る