理化学研究所の松本紘理事長がレジオン・ドヌール勲章を受章 [fr]

 京都大学前総長で理化学研究所理事長を務める松本紘教授が12月18日、ティエリー・ダナ駐日フランス大使により、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエに叙されました。

JPEG - 360.9 kb
理化学研究所の松本紘理事長
© 理化学研究所

 松本教授は電波物理学と宇宙科学の分野で300近い論文を発表した卓越した科学者です。2002年からは京都大学の管理運営に携わり、2008年に総長に就任、意欲的な行動と先を見据えた改革で知られました。日本の学界で高い評価を得ている松本教授は、2013年に国立大学協会会長に就任、2015年4月には理化学研究所理事長に任命されました。

JPEG - 111.2 kb
松本理事長とダナ駐日大使
© 理化学研究所

 松本教授は職務を通じて、フランスとの2国間協力の発展に重要な役割を果たしました。とりわけ国立大学協会会長として、2014年5月に「日仏間学位・単位相互認証協定」に日本側代表として署名しました。

 加えて2013年10月にフランス国立科学研究センター(CNRS)と交わした研究協力協定が示すように、京都大学とフランスの主要な学術・科学研究機関との間で大学間協定や研究協力協定の締結を拡大し、日仏協力を発展させました。

最終更新日 15/04/2016

このページのトップへ戻る