フランス観光開発機構がパリの魅力強化キャンペーンに参加 [fr]

フランス観光開発機構「アトゥー・フランス」はフランス政府、パリ市、フランス旅行業団体「アリアンス 46.2」、50の企業や諸団体とともに、12月15日に立ち上げられた大規模キャンペーン「#ParisWeLoveYou」に参加します。

JPEG - 168.2 kb
画像をクリックするとキャンペーン公式ホームページに行きます

 11月13日にイール=ド=フランス地方を襲った深刻な事件は、特に感情面や精神面をはじめ、さまざまな面で全国に打撃を与え、国内はもとより世界中で集団的な意識の高まりをもたらしました。観光関連産業にも大きな経済的影響が及びました。

 この状況を乗り越えようと、パリの魅力に安心感を与え、さらに強化することをめざす大規模なキャンペーンがパリ市民、フランス国民、外国人観光客を対象にスタートしました。

 このキャンペーンはハッシュタグ「#ParisWeLoveYou」を中心に、メインメッセージ「Paris sera toujours Paris(パリはずっとパリ)」とともに展開されます。

 特設ホームページParisweloveyou.frでは、インターネット利用者にソーシャルメディアを通じて、パリへの思いを表した写真をシェアするよう呼びかけ、パリ応援の機運を盛り上げています。

 さらにハッシュタグ「#ParisWeLoveYou」を巨大オブジェ化し、今後数週間に投稿される写真で表面を覆いつくし、パリの象徴的な場所に設置する予定です。

 キャンペーンではパリ市民はもとより、パリを愛するすべての人にこの連帯の動きに加わるよう呼びかけています。パリでは日常が続いていること、安心に暮らしていること、パリは今も変わらず美しいことが、世界中の人々の目の前で明らかになります。

 アトゥー・フランスはとりわけ国内外向けのホームページとソーシャルメディアを通じて、このキャンペーンを強力に後押しします。アトゥー・フランスのクリスチャン・マンテイ総局長は「このプロジェクトに参加すること、我々の国際ネットワークの力を提供することは当然のことです。この一月、世界中から我々に連帯のメッセージを寄せてくださった人全員に感謝の意を表す手段でもあります」と述べています。

 フランスは2020年までに外国人観光客受け入れ数1億人を達成する野心的な目標を掲げていますが、この連帯キャンペーンはフランスの玄関口であるパリが、これまでと変わらないことを改めて示すことになります。パリは世界を受け入れるからこそ愛される都市なのです。

最終更新日 15/04/2016

このページのトップへ戻る