低炭素社会に向けて日仏協力を強化 [fr]

 フランスのセゴレーヌ・ロワイヤル・エコロジー・持続可能開発・エネルギー大臣と丸川珠代環境大臣は12月10日(木)、環境に配慮した低炭素社会に向けて日仏協力の強化をめざす覚書に署名しました。

 両省はとりわけ低炭素技術の開発と普及に共同で取り組みます。さらに生物多様性や水資源の保護、大気汚染対策、循環型経済の促進といった共通課題についても検討を進めます。

JPEG - 468.1 kb
© 環境省

最終更新日 15/04/2016

このページのトップへ戻る