ファビウスCOP21議長が潘基文国連事務総長と会談 [fr]

 ローラン・ファビウスCOP21議長は12月10日、国際連合の潘基文事務総長とル・ブルジェ会場で会談しました。

Photos : B. Chapiron/MAEDI
Photos : B. Chapiron/MAEDI
Photos : B. Chapiron/MAEDI
Photos : B. Chapiron/MAEDI

 

ファビウスCOP21議長の発言

 「事務総長、

 何よりもまず、またお目にかかれて大変光栄です。事務総長であるのみならず、気候変動対策において行われている多くの物事の主導者だからです。

 我々は今、最終合意の段階に移ろうと努力していますが、潘基文事務総長によるところが大きく、深く感謝いたします。

 我々は大いに前進しています、再び夜を徹して作業しました。今日午後、私に伝えられたすべてのことを考慮に入れた新しい文書を提案します。そして明日、妥結できると思います、そう願っています」

最終更新日 18/12/2015

このページのトップへ戻る