ファビウスCOP21議長とフィゲレスUNFCCC事務局長が交渉進捗度について共同記者会見 [fr]

 ローラン・ファビウスCOP21議長と国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のクリスティアーナ・フィゲレス事務局長は12月4日13時15分(現地時間)、交渉の進捗度を明らかにするため、記者会見を開きました。

 強化された行動のためのダーバン・プラットフォーム特別作業部会(ADP)の両共同議長は12月5日、合意草案をファビウス議長に提出します。両議長は提出まで24時間を切った午前中、2つの新たな文書を公表しました。

 「現時点で、どのような結論を引き出せるか?」

 ファビウスCOP21議長は「水曜日夜から得られたいくつかの進展」を強調しました。前進する緊急性を改めて指摘し、次のように述べました。「明確にしておきたいと思います。まだ勘定が合う状態ではありません。文書は長すぎるし、複雑すぎます」

Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI
Conférence de presse / Photos : B. Chapiron/MAEDI

 

 ファビウス議長は「いわゆる合意をめぐる交渉とは別に、具体的なイニシアティブの動きが続いている」ことも強調しました。

 ファビウス議長はCOP会期中、12月4日の気候のための地方議員サミットや12月5日のアクションデーをはじめ、先例のない非政府アクターの取り組みを示す複数のイベントに参加します。

最終更新日 18/12/2015

このページのトップへ戻る