日仏討論会「オープンイノベーションと都市:地域課題を市民のもとへ取り戻す」 [fr]

 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本は12月12日(土)、日仏討論会「オープンイノベーションと都市:地域課題を市民のもとへ取り戻す」を、横浜市、アクセンチュア株式会社、横浜国立大学と共催します。

日仏討論会「オープンイノベーションと都市:地域課題を市民のもとへ取り戻す」 - JPEG

 明日の都市におけるデジタルの位置と役割を検討することは、スマートシティの構築に不可欠な要素であり、ますます大きな意味を持っています。この新たな活力は利便性や技術面からのみ理解されることが多い一方で、将来の都市管理方法の進化をめぐる問題提起によって、違う角度から検討することなしには前進できません。

 新技術は住民の関心事を未来の都市づくりに最大限考慮するために、どの程度まで効果を発揮できるのでしょうか? デジタル技術は住民と都市との関係性の変容や、共生および地域公共空間の再定義にどのように関与できるのでしょうか? さらには市民を地域民主主義の中心に位置づける新しいガバナンス形態の出現を促進できるのでしょうか?

司会

藤谷健 朝日新聞報道局ソーシャルメディアエディター

パネリスト

アルメル・ベール リヨン市公共デジタル利用局副局長
クロエ・ボネ ファイヴ・バイ・ファイヴ社共同設立者
藤原徹平 横浜国立大学大学院Y-GSA准教授
長谷川孝 横浜市政策局政策調整担当理事
市川博久 アクセンチュア株式会社オペレーションズ本部インフラストラクチャーサービスグループマネジング・ディレクター
北原まどか NPO森ノオト代表

※敬称略、アルファベット順

日時 12月12日(土)14:30~17:00
会場 アクセンチュア株式会社みなとみらいオフィス9階(T001~003会議室)

最終更新日 03/12/2015

このページのトップへ戻る