シリアとイラクに対するドイツの取り組みに関するオランド大統領の声明 [fr]

 フランソワ・オランド大統領は11月26日、対ダーイシュ(「イスラム国」)作戦に対するドイツの取り組みに関する声明を発表しました。

2015年11月26日

 オランド共和国大統領は、シリアとイラクにおける対ダーイシュ(「イスラム国」)作戦で護衛、偵察、後方支援の任務に参加する提案を行ったメルケル首相に深く感謝の意を表明します。

 この極めて重要な貢献は、ダーイシュという共通の害悪に対する戦いで最も重要な役割を果たすドイツの意思を示しています。それと同時に、フランスとドイツの特別に近い関係も物語ります。

 オランド大統領はヨーロッパ連合(EU)加盟国の連帯への呼びかけに応じて、他のEU諸国もこの動きに追随すると確信しています。

最終更新日 15/04/2016

このページのトップへ戻る