フェクル貿易・観光振興・在外フランス人担当大臣と武藤外務副大臣が会談 [fr]

 マティアス・フェクル貿易・観光振興・在外フランス人担当大臣は11月18日、武藤容治外務副大臣とパリの外務・国際開発省で会談しました。

 両大臣はヨーロッパ連合(EU)と日本の間で締結交渉が進められている経済連携協定(EPA)について協議したほか、今年10月に開幕した日仏イノベーション年の中心である新技術分野で特に重点的に日仏経済関係を強化するよう努力しました。

 フランスはヨーロッパ2位の日本の投資受け入れ国(全体の18%)で、とりわけ自動車産業、エレクトロニクス産業、農産加工産業で雇用が創出されています。

最終更新日 19/11/2015

このページのトップへ戻る