日仏医学コロック開催報告 [fr]

 日仏医学コロック「脳と心 日仏クロストーク」が10月23日と24日に開催され、日仏のハイレベルな専門家約120人が神経学、脳外科学、心身医学の各分野におけるイノベーションについて意見を交換しました。

フランス大使公邸で行われたレセプション
フランス大使公邸で行われたレセプション
フランス大使公邸で行われたレセプション
フランス大使公邸で行われたレセプション
フランス大使公邸で行われたレセプション
フランス大使公邸で行われたレセプション

 
 会期中、日仏の専門家13人が神経学、脳外科学、心身医学の今日的なテーマをめぐる最新成果を発表しました。技術的進歩や精神疾患の理解をはじめ、これらのテーマに関する日仏協力の可能性について、極めて活発かつ有益な議論が行われました。このイベントを記念して10月23日夜にフランス大使公邸で開催されたレセプションでも、会場に集まった招待者70人の間で議論が続けられました。

 今般のシンポジウムが第2弾となる「日仏科学医療対話」シリーズは、合計で3つのシンポジウムと2つの講演・討論会が開催されます。このシリーズは先般訪日したマニュエル・ヴァルス首相が10月5日に開幕を宣言した日仏イノベーション年の一環をなすものです。

 詳しくはこちらのページをご覧ください。

最終更新日 23/02/2016

このページのトップへ戻る