舛添要一東京都知事がフランス訪問 [fr]

 東京都の舛添要一知事は10月27日から29日までフランスを訪問し、マニュエル・ヴァルス首相、ローラン・ファビウス外務・国際開発大臣、パリ市のアンヌ・イダルゴ市長らと会談しました。

パリ市のアンヌ・イダルゴ市長と会談
パリ市のアンヌ・イダルゴ市長と会談
パリ市のアンヌ・イダルゴ市長と会談
パリ市のアンヌ・イダルゴ市長と会談
マニュエル・ヴァルス首相と会談
マニュエル・ヴァルス首相と会談
ローラン・ファビウス大臣と日本庭園および「交差する視線」展のオープン式典に出席
ローラン・ファビウス大臣と日本庭園および「交差する視線」展のオープン式典に出席
Photo : B. Chapiron / MAEDI

2015年10月27-29日

 今回の訪仏によって、環境、スポーツ、文化、都市開発、観光など各分野にわたるパリ市と東京都の協力関係に新たな弾みがついたほか、パリ市の2024年夏季オリンピック開催都市立候補を応援する東京都の立場が明らかにされました。

 舛添知事は滞在中の10月28日、ローラン・ファビウス大臣とともに、フランス外務・国際開発省が所有するラ・セル・サン=クルー城内で、新しい日本庭園および「交差する視線」展のオープン式典に出席しました。

最終更新日 10/11/2015

このページのトップへ戻る