ニトリホールディングスの似鳥昭雄社長がレジオン・ドヌール勲章を受章 [fr]

 ニトリホールディングスの似鳥昭雄社長が10月13日、ティエリー・ダナ駐日フランス大使によりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエに叙されました。似鳥氏は在札幌フランス名誉領事館の名誉領事を務めています。

JPEG - 439.9 kb
在札幌フランス名誉領事館の名誉領事を務めるニトリホールディングスの似鳥昭雄社長
© 在日フランス大使館

 大学卒業後、札幌市で似鳥家具店を創業。後に株式会社ニトリとして、歳月を重ねるごとに地域経済の主要な担い手となりました。1993年に本州1号店を茨城県ひたちなか市にオープン。2002年に東京証券取引所一部に株式を上場、翌年に100店舗を達成。2007年に海外第1号店を台湾にオープンしてアジア進出を果たし、2009年に200店舗、2013年に300店舗を達成しました。

 その一方で、2004年に新潟中越地震の被災者支援に義援金1億円を寄付、翌年スマトラ島沖地震の被災者救援のために2億円を寄付するなど、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。同年、財団法人「似鳥国際奨学財団」を設立、日本に留学する海外の学生に奨学金の支給を始めました。さらに北海道の活性化を促進しようと、ニトリ北海道応援基金を設立したほか、夕張市の再建支援「しあわせの桜ともみじ夕張プロジェクト」を発表しました。

JPEG - 79.4 kb
ティエリー・ダナ大使と似鳥昭雄氏
© 在日フランス大使館

 北海道を代表する財界人である似鳥氏は2007年、在札幌フランス名誉領事館の名誉領事に任命されました。翌年、札幌日仏協会副会長に就任。札幌日仏協会を財政面で支えるだけでなく、北海道フランス語暗唱コンクールの刷新に貢献するなど、札幌アリアンス・フランセーズの文化活動も支援しています。

最終更新日 30/12/2015

このページのトップへ戻る