文学とBDの祭典、第8回「読書の秋」 [fr]

 読書の季節到来に合せて、文学とバンド・デシネ(BD )の祭典「読書の秋2015」が11月を通して、全国各地のアンスティチュ・フランセやアリアンス・フランセーズで開催されます。

JPEG

 2013年にゴンクール賞を受賞した筆鋒鋭い推理作家ピエール・ルメートルが、日本の翻訳家や著名推理作家と、文体の追求やエクリチュールの力学をめぐり意見を交換します。フランスの出版社ガリマールのセリ・ノワール(暗黒叢書)創刊70周年を記念して来日する編集責任者オーレリアン・マソンとともに対談に参加し、「悪趣味」とされる文学ジャンルの驚くべきバイタリティーに光を当てます。

 2012年にフェミナ賞受賞、外国人作家・翻訳家会館(MEET)館長を務める作家・大旅行家のパトリック・ドゥヴィルは、現実的要素から虚構世界をつくり出す「エグゾフィクション」や文学的コスモポリタニズムについて語ります。エドゥアール・ルイは最近邦訳が出版されたデビュー小説を紹介するほか、支配や社会決定論というテーマに対して文学が果たす役割をめぐって、日本の社会学の専門家と考察を深めます。さらにロラン・バルト生誕100周年を記念して、バルトの新しい伝記の著者ティフェーヌ・サモワイヨと、日本をこよなく愛したフランスの記号学者バルトに関するドキュメンタリーを制作したティエリ・トマが来日します。

 今年も第9の芸術BDを特集します。BD作家のケラスコエットとオリヴィエ・ルドロワが来日し、日本のアニメーション監督りんたろうや、キャラクターデザイナー・イラストレーターの天野喜孝と対談します。海外マンガフェスタでは、世界中から参加するBD作家と交流します。

 アンスティチュ・フランセ日本の各支部や全国のアリアンス・フランセーズ、パートナー機関で開催される多彩な文学イベントに、ぜひお越しください。

フランス語・書籍・フランコフォニー部門主任
フランス大使館フランス語担当官
ジュリエット・サラベール

 
 
 
 
 
 
 
 

第8回「読書の秋」プログラム(PDF)

最終更新日 14/11/2015

このページのトップへ戻る