ファビウス外務・国際開発大臣が第70回国連総会に出席 [fr]

 ローラン・ファビウス外務・国際開発大臣は9月26日から10月1日まで、第70回国際連合総会に参加します。アニック・ジラルダン開発・フランコフォニー担当大臣が同行します。ファビウス大臣は会期中、数多くの多国間会合や2国間会談に出席します。

Photos : Martin Loper/MAEDI
Photos : Martin Loper/MAEDI
Photos : Martin Loper/MAEDI
Photos : Martin Loper/MAEDI
Photos : Martin Loper/MAEDI
Photos : Martin Loper/MAEDI
ファビウス大臣が9月27日、インドネシアのルトノ・マルスディ外務大臣と会談(Photo : Martin Loper/MAEDI)
ファビウス大臣が9月27日、インドネシアのルトノ・マルスディ外務大臣と会談(Photo : Martin Loper/MAEDI)
Photos : Martin Loper/MAEDI
Photos : Martin Loper/MAEDI
Photos : Martin Loper/MAEDI
Photos : Martin Loper/MAEDI
Photos : Martin Loper/MAEDI
Photos : Martin Loper/MAEDI

 

国連気候変動パリ会議

 ファビウス大臣の優先課題は、11月30日から12月11日まで開催される国連気候変動パリ会議の成功に向けて国際社会を結集することです。

 大臣はこのテーマをめぐり、国連事務総長とワーキングランチを開催することを望みました。気候変動対策の主要な側面に加えて、安全保障やエネルギー供給、技術移転に関する課題も含めて、極めて多くの国と数多くの会合に出席します。9月27日に採択された持続可能な開発2030アジェンダによって、環境・気候問題に全面的に関与しながら、成長・開発モデルを再定義することが可能になります。

テロ・危機対策

 テロ・危機対策は今次国連総会の重要なテーマの一つです。

 ファビウス大臣は9月28日、アメリカのバラク・オバマ大統領が議長を務めたテロ対策会議に出席しました。今次会期中、9月8日に開催された民族および宗教を理由とした暴力の被害者に関する会議でなされた約束の迅速な履行を呼びかけ続けます。

 国連の潘基文事務総長が9月30日に主催する移民および難民の移動に関する協力強化をめぐるハイレベル会合にも出席します。

 ファビウス大臣は、必要である中東和平プロセスの再開や、イラン核問題に関するウィーン合意の履行をテーマとする複数のイベントに参加します。

 大臣は9月30日、危機を脱すべく努力を重ねるレバノン政府を支援するため、国連の潘基文事務総長とアメリカのジョン・ケリー国務長官とともに、国際レバノン支援グループの会合を開催します。

 ファビウス大臣は、とりわけマリのイブラヒム・ブバカール・ケイタ大統領や中央アフリカ共和国のカトリーヌ・サンバ=パンザ暫定大統領が出席する10月1日の会合をはじめ、アフリカに関する複数のイベントに出席します。マリで5月15日と6月20日に和平合意が成立した一方、中央アフリカ共和国では総選挙が年内に実施される見通しであるなど、現地でなされた進歩を強化することが目標です。

国連

 ファビウス大臣はメキシコの外務大臣と、今年創設70周年を迎える国連の効率向上をめざし、オランド大統領が2年前に提唱した、大量残虐行為の事案では安全保障理事会の拒否権行使を制限する案に関する会合を開催します。

 大臣は9月29日、全世界的な死刑廃止に向けたフランスの取り組みを改めて表明するため、死刑に関するハイレベル会合に出席したほか、人権問題に取り組む主要なNGO(非政府組織)と会談しました。

フランス経済の強みをアピール

 ファビウス大臣は今次会期中、フランスの経済的な強みと対仏投資の好機をアピールする複数のイベントに参加します。その一つが「ベスト・オブ・フランス」で、大臣は9月26日にタイムズスクエアで開会式に出席しました。

オランド大統領、ファビウス外務・国際開発大臣の発言

- シリア領内初空爆に関するオランド大統領の声明(ニューヨーク、2015年9月27日)

 「フランスは今朝シリアで、我が国の安全を脅かすテロ組織「ダーイシュ(イスラム国)」の訓練キャンプを攻撃しました」

- ローラン・ファビウス外務・国際開発大臣・COP21議長の米中首脳声明に関する声明(ニューヨーク、2015年9月25日)

 「9月25日に発表されたアメリカと中国の気候変動に関する首脳声明を歓迎します。この声明は国連気候変動パリ会議(COP21)を2カ月後に控えて、温室効果ガスの二大排出国である米中の気候変動対策への取り組みに関する力強いシグナルを送っています」

最終更新日 30/09/2015

このページのトップへ戻る