特別展示:横須賀寫眞 エミール・ド・モンゴルフィエ関連資料 [fr]

 横須賀製鉄所(造船所) 創設150周年記念「特別展示:横須賀寫眞 エミール・ ド・ モンゴルフィエ関連資料」が10月3日(土)から12月13日(日)まで、神奈川県横須賀市の横須賀美術館で開催されます。

特別展示:横須賀寫眞 エミール・ド・モンゴルフィエ関連資料 - JPEG 本展はモンゴルフィエの遺族とかながわ日仏協会の貴重な協力を得て開催されます。

 横須賀製鉄所の建設を指揮したフランス人技師フランソワ・ヴェルニーの従兄弟にあたるエミール・ド・モンゴルフィエは、同製鉄所の経理係として働きながら、幕末の日本に近代的な簿記を伝えました。写真術の心得があったモンゴルフィエは、当時の横須賀のさまざまな姿を写真に記録しました。

 日仏交流史研究家クリスチャン・ポラック氏が最近エミールの子孫を訪ねて、150年以上前にフランスに持ち帰られたセピア色の写真コレクションを発見しました。そのほとんどが今回日本で初めて公開される貴重な資料です。

会場 横須賀美術館
会期 10月3日(土)~12月13日(日)
主催 横須賀市教育委員会

最終更新日 28/09/2015

このページのトップへ戻る