シャソルがモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパンで再来日 [fr]

 フランス人アーティストのシャソルが10月1日(木)、東京・恵比寿のリキッドルームで開催されるモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015のオープニング・ナイトに出演します。

JPEG - 804.7 kb
© モントルー・ジャズ・フェスティバル日本

 今年5月に初来日を果たしたシャソルが、10月1日から25日まで都内で行われるモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015に出演するために再来日します。

 シャソルは10月1日(木)、東京・恵比寿のライブハウス「リキッドルーム」で開催されるオープニング・ナイトに登場します。

プロフィール

© DR - JPEG ピアニスト、作曲家、編曲家のシャソルは、父がアマチュアサックス奏者という環境で育ち、4歳から音楽院で音楽を学び始めました。クラシックやジャズのピアニスト、スタジオミュージシャンとして活動する傍ら、アレクサンドル・クールテ監督の『ザ・インシデント』や、ルノー・ベルトラン監督とアラン・ベルリネール監督のTVシリーズ『クララ・シェレール』など、CMや映画、ドラマの音楽を数多く作曲しています。1994年から2002年までオーケストラの指揮者を務めたほか、ロックバンドのフェニックスやシンガーのセバスチャン・テリエのためにアレンジを手がけたのをきっかけに、ポップスの世界にも足を踏み入れました。

 ジャンルの垣根を越えた極めて多彩なシャソルの音楽世界は、ミニマル、サイケ、ポップの間を自由に行き来します。

 先の初来日公演を見逃した方にとって、才気と熱気がほとばしるシャソルのライブを初体験する絶好のチャンスです。

イベント概要

会場 LIQUIDROOM (リキッドルーム)
日時 2015年10月1日(木) 19時

 オープニング・ナイトの詳細はリキッドルームのホームページをご覧ください。

最終更新日 25/09/2015

このページのトップへ戻る