講演・討論会「医療安全を考える~なぜエラーが医療事故を減らすのか」 [fr]

 日仏イノベーション年の一環として、日仏科学医療対話シリーズ第1弾「医療安全を考える~なぜエラーが医療事故を減らすのか」が10月19日(月)18時30分より、東京・恵比寿の日仏会館1階ホールで開催されます。

JPEG - 33.7 kb
ローラン・ドゴース博士

 権威ある大学付属病院で相次いで発生した最近の事案が、医療の安全性に対する市民の信頼を揺るがすなど、医療事故は日本で今日的なテーマの一つとなっています。医療事故の原因をよりよく分析して再発防止につなげるための新手法とともに、新しい医療事故調査制度が2015年10月に導入されます。

 日仏会館フランス事務所とフランス大使館科学技術部が共催する講演・討論会「医療安全を考える~なぜエラーが医療事故を減らすのか」では、『なぜエラーが医療事故を減らすのか』 の著者で、医療の安全性・質の分野の活動で世界的に著名な専門家のローラン・ドゴース博士が知見を紹介します。血液・免疫科医師、がん医学者、遺伝学者であるドゴース博士は、とりわけフランス高等保健機関(HAS)の設立に携わり、2005年から2010年まで同機関の理事長を務めました。

 本講演・討論会は日仏同時通訳付きで、ドゴース博士の講演に続いて、 この分野の日本側の専門家である橋本廸生氏(日本医療機能評価機構理事)、長谷川剛氏(上尾中央総合病院院長補佐、情報管理部長)、永井裕之氏(「医療の良心を守る市民の会」代表)を交えた4氏による討論会を行います。

 本イベントは一般公開・入場無料ですが、事前の申し込みが必要です。詳しい情報と申し込みについては、日仏会館フランス事務所ホームページをご覧ください。

最終更新日 28/10/2015

このページのトップへ戻る