第20回国際オゾン層保護デー [fr]

 フランス外務・国際開発省報道官は9月16日、第20回「国際オゾン層保護デー」に際して声明を発表しました。

JPEG

フランス外務・国際開発省報道官声明(2015年9月16日)

 フランスは第20回「国際オゾン層保護デー」に際して、モントリオール議定書の具体的な成果を歓迎します。この議定書のおかげで2050年にオゾン層の回復の目標を達成できる見込みです。議定書の発効以来、特定物質の98%が除去されました。

 議定書の締結から28年目を迎える今日、これらの成果は国際連合の枠組みにおける多国間の取り組みが、確固とした科学的論拠と適切な実施方法に基づくときに効果的であることを示しています。

 この成功を励みに、我々は国連気候変動パリ会議の準備において一層の努力を重ねます。

最終更新日 17/09/2015

このページのトップへ戻る