現代アートと過ごす夜「ニュイ・ブランシュKYOTO 2015」 [fr]

 京都市とアンスティチュ・フランセ関西は10月3日(土)、京都、ファッション、アートが好きな方を対象に、日仏の現代クリエーションと一夜を過ごす「ニュイ・ブランシュKYOTO」を開催します。

ニュイ・ブランシュKYOTO © DR
ニュイ・ブランシュKYOTO © DR
ニュイ・ブランシュKYOTO-マンガミュージアム © DR
ニュイ・ブランシュKYOTO-マンガミュージアム © DR
ネリー・ソニエ © Laurent Seroussi
ネリー・ソニエ © Laurent Seroussi
Monochrome Circus × ミシャ・デリダー © DR
Monochrome Circus × ミシャ・デリダー © DR
Not stuffed animal © 塩見友梨奈
Not stuffed animal © 塩見友梨奈
@KCUA(アクア) © Chantapitch - Andrea Crews
@KCUA(アクア) © Chantapitch - Andrea Crews

 
 1958年にパリ市と友情盟を締結した京都市とアンスティチュ・フランセ関西は2011年以来毎年、京都市内で「ニュイ・ブランシュ」を開催しています。パリの大規模な現代アートの祭典に想を得たイベントで、数年間で京都の主要文化イベントの一つに成長しました。

 「ニュイ・ブランシュKYOTO」は、夕方から深夜にかけて開催される数多くのイベントを通して、日仏の現代クリエーションの豊かさを祝い、分かち合うことを趣旨とします。会場数(2014年35カ所、2015年38カ所)も来場者数(2011年4,000人、2014年1万3,000人)も年々増加しています。

 今年は1カ月以上にわたって展覧会、公開ライブ、パフォーマンスが開催されるので、出会いと発見の機会も増える見込みです。

 5回目を迎える今年は、昨年のテーマ「現代アート×伝統工芸」の延長線上で、アートとファッションの関係にスポットライトを当てます。京都と同じ10月3日にニュイ・ブランシュが開催される本家パリでは、ちょうど「ファッション・ウィーク」が開催中です。

 京都市内38カ所の会場で展開されるプログラムは、日仏協力の活発さと、視覚芸術や舞台芸術の分野における実験的な試みによって、両国がアートと工芸との境界の再定義に寄与する姿が浮き彫りになります。国連気候変動パリ会議を2カ月後に控えて、日本とフランスは他者や世界との新しいかかわり方も示すことでしょう。ニュイ・ブランシュKYOTOは、開幕を直前に控えた日仏イノベーション・イヤーにアートな側面をもたらすとともに、革新的なクリエイティブ産業の分野で日仏協力を生み出します。

 さらに今回のイベントは、リニューアル・オープン1周年を迎えるヴィラ九条山の滞在アーティストの作品やコラボレーションを披露する絶好の機会でもあります。

在京都フランス総領事
アンスティチュ・フランセ関西
シャルル=アンリ・ブロソー館長
 
アンスティチュ・フランセ関西
文化プログラム主任
イザベル・オリヴィエ

関連リンク

最終更新日 05/10/2015

このページのトップへ戻る