モネ展「印象、日の出」から「睡蓮」まで [fr]

 印象派の名称の由来となった歴史的名作『印象、日の出』が21年ぶりに来日します。

JPEG - 1 Mb
クロード・モネ『印象、日の出』1872年
Musée Marmottan Monet, Paris © Christian Baraja

 「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展『印象、日の出』から『睡蓮』まで」が2015年9月19日(土)から12月13日(火)まで、東京都美術館で開催されます。その後、2015年12月22日(火)から2016年2月21日(日)まで福岡市美術館で、2016年3月1日(火)から5月8日(日)まで京都市美術館で、2016年6月4日(土)から8月21日(日)まで新潟県立近代美術館で巡回開催されます。

 本展覧会は、パリのマルモッタン・モネ美術館コレクションから厳選された約90点を一堂に展示します。すでにモネに精通されている日本の美術ファンにとって、とりわけ『睡蓮』をはじめとする巨匠モネの作品や、21年ぶりに来日する名作『印象、日の出』を鑑賞できる絶好の機会です。

巡回展情報

東京展
会期:2015年9月19日(土)~12月13日(火)
会場:東京都美術館

福岡展
会期:2015年12月22日(火)~2016年2月21日(日)
会場:福岡市美術館

京都展
会期:2016年3月1日(火)~5月8日(日)
会場:京都市美術館

新潟展 (予定)
会期:2016年6月4日(土)~8月21日(日)
会場:新潟県立近代美術館

最終更新日 15/09/2015

このページのトップへ戻る