感性が目覚める10月のアンスティチュ・フランセ日本 [fr]

 第7回美食の祭典が「若さ、イノベーション、共有」をキーワードに開催されます。

 東京、京都、福岡のアンスティチュ・フランセ日本、アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会では、10月2日(金)から23日(金)まで、グルメやファッション、フランス流の生活美学に関心の高い方を対象に、美味な驚きに満ちた一連のイベントを開催します。

美食の祭典2015
美食の祭典2015
パリのレストラン「Haï Kaï ハイ・カイ」オーナーシェフ、アメリー・ダルヴァス © Chloé Bonnard
パリのレストラン「Haï Kaï ハイ・カイ」オーナーシェフ、アメリー・ダルヴァス © Chloé Bonnard
美食の祭典2014 © DR
美食の祭典2014 © DR
美食の祭典2014 © DR
美食の祭典2014 © DR

 第7回美食の祭典のメインテーマは「パリ・東京」です。日仏のシェフやクリエーターが一堂に会し、美食やフランス流の生活美学をめぐって対話する絶好の機会です。

 展覧会や講演会をはじめ、飲食ブース、料理のデモンストレーションと試食、料理のアトリエ、フランスのフリーマーケット「のみの市」、エスモードによるファッションショー、スペシャルディナー、コンサートなど、今年も盛りだくさんの内容です。

 フランス美食界の期待の星の一人で、パリのレストラン「Haï Kaï ハイ・カイ」オーナーシェフのアメリー・ダルヴァスが来日し、福岡、京都、名古屋、東京で、その才能を日本の美食家に初めて披露します。

 本イベント共同監修者のイザベル・ボワノをはじめ、作家の関口涼子、菓子研究家のいがらしろみ、ミュージシャンのビビ・タンガ、イラストレーターの花くまゆうさく、同じくmakomo、創作和菓子ユニットのwagashi asobiなど、大勢のゲストを迎えて開催される今年のイベントは盛り上がること請け合いです。

 アンスティチュ・フランセ日本が第7回美食の祭典で掲げる目標は、美食の基礎である共有と親睦の価値観を保ちつつも、イノベーションと伝統を調和させ、驚きと満足感を皆さまに味わっていただくことです。

 乾杯!

アンスティチュ・フランセ東京館長
ジャン=ジャック・ガルニエ

■■■

プログラム

最終更新日 05/10/2015

このページのトップへ戻る