日本初上演、ジュリー・ニオシュの『ノ・ソリチュード』 [fr]

 サーカスとダンスの境界を越えるパフォーマンス、ジュリー・ニオシュの『ノ・ソリチュード(私たちの孤独)』が9月26日(土)と27日(日)、KAAT神奈川芸術劇場で上演されます。

JPEG - 29.3 kb
© Agathe Poupeney

 『ノ・ソリチュード』は、空中を浮遊するダンサーとアレクサンドル・メイエールの音楽による、シンプルで独創的なパフォーマンスです。ジュリー・ニオシュは、重力に挑戦するアクロバティックな舞台を提案します。

 ワイヤーと重りからなる驚くほどシンプルな舞台装置によって、ダンサーが浮遊し、舞い上がり、移動する……。この空中の振り付けは、あらゆる年齢層の観客を驚嘆させ、魅了し、夢中にさせます。

 自由をたたえる叙情詩のように優雅さと感嘆に満ちたひと時です。

 フランスの振付カンパニーA.I.M.E.で2010年に創作された本作品は、世界中で上演されて大成功を収めました。中でもブラジル(セアラ州で2012年に開催されたダンス・ビエンナーレMOSTRA des ARTES / SESC)、ポルトガル(2012年のポルト国際繰り人形祭)、イタリア(フランス・コンテンポラリー・ダンス・フェスティバル2013)、インド(ダンス・ダイアログ・フェスティバル2014)などが挙げられます。

 ジュリー・ニオシュは今年9月、この傑作を日本で初上演します。

 『ノ・ソリチュード』をぜひお楽しみください。

■ ■ ■

ジュリー・ニオシュ/A.I.M.E 『ノ・ソリチュード』
【日時】 9月26日(土)18時、27日(日)15時
【会場】 KAAT神奈川芸術劇場 (横浜市中区山下町281)

【問い合わせ】 KAAT神奈川芸術劇場 (045-633-6500)

© Alain Rico - JPEG Dance Dance Dance @ Yokohama 2015の一環として、アロリー・ゴエルジェとアントワーヌ・ドゥフォールによる、音楽と映像とパフォーマンスをミックスしたハイブリッドなスペクタクル『ジェルミナル』が9月11日(金)から13日(日)まで、KAAT神奈川芸術劇場で上演されます。
 
 詳細はアンスティチュ・フランセ横浜ホームページをご覧ください。

最終更新日 19/08/2015

このページのトップへ戻る