日仏討論会「プラスエネルギー都市に向かって」 [fr]

 討論シリーズ「環境移行期と明日の都市」の一環として、日仏討論会「プラスエネルギー都市に向かって」が9月14日(月)、 上智大学で開催されます。

「プラスエネルギー都市に向かって」 - JPEG

 9月15日と16日の2日間にわたって日本学術会議で開かれる日仏公開シンポジウム「スマートシティ」の関連イベントである本討論会は、在日フランス大使館が今年12月の国連気候変動パリ会議に向けて進めている準備活動の一環です。

 本討論会は2013年にスタートした明日の都市をめぐる日仏討論会シリーズの第3弾です。過去2回のテーマは持続可能な都市(2013年12月)と 持続可能な交通(2014年11月)でした。

 今回はポジティブ・エネルギー・ビルディングへの転換をとりわけフランス、ヨーロッパ、日本で進める方法(建築、規格・規制、自己消費のための個人向け支援、ホームオートメーション)について議論します。特に大都市圏において、住民が消費する以上にエネルギーを生産する都市空間を、建築物や技術的解決策だけでなく包括的にどのように構想するのか? 都市部で環境配慮型への移行を側面支援するため(省エネルギー、交通、地域再生可能エネルギーの利用)、都市レベルでどのような戦略を実施すべきか? さまざまな関連産業(太陽エネルギー、スマートグリッド、エコマテリアル)の相互接続性において、行政当局はどのような役割を果たすべきか? 市民はどのような位置を占めるのか?

 これらの問題をめぐって、ジャン=フィリップ・クレマン氏(パリ市スマートシティ担当)、マガリ・ドレフュス氏(フランス国立科学研究センター所属地理学者)、坂本雄三氏(国立研究開発法人建築研究所理事長)、小張貴史氏(三菱地所株式会社開発部長)、上妻義直氏(上智大学経済学部教授)が一堂に会して議論します。上智大学の早下隆士学長が討論会の冒頭であいさつし、日本経済新聞社論説委員の久保田啓介氏が司会を務めます。

 今回のイベントは今年5月18日の日仏環境フォーラムや、今秋沖縄で開催される島嶼地域のエネルギー自給に関する討論会、横浜で開催されるデジタルシティに関する討論会などとともに、持続可能な開発やエネルギー転換の諸課題をめぐる日仏間の知的交流と経済的・科学的協力の強化を物語っています。

 大勢の皆さまのご来場をお待ちしています。

アンスティチュ・フランセ日本
グローバル討論部門 主任
ヴァンサン・マノ

日時 2015年9月14日(月)17:30~19:30

会場 上智大学 2号館17階国際会議室(東京都千代田区紀尾井町7-1)

使用言語 日仏同時通訳有り

プログラムをダウンロード

オンライン申し込み

最終更新日 27/08/2015

このページのトップへ戻る