オンラインプラットフォーム「ジェネラシオン・クリマ」開設 [fr]

 デジタルプラットフォーム「ジェネラシオン・クリマ」が7月24日、COP21準備・組織担当事務総局によりオンライン化されました。

2015年7月24日

 気候変動対策にかかわる市民社会諸団体は、このプラットフォーム上で、ブースの予約申し込みや、COP21会期中の11月30日から12月11日までに行うイベントや展示の提案ができます。

 一般に広く開放される「エスパス・ジェネラシオン・クリマ」は、だれでも無料で入場できるスペースで、COP21が開催されるパリ=ル・ブルジェ会場近くの2万平方キロメートルを超える構造物の中に開設される予定です。

 プラットフォームには8月10日まで、公式ホームページegc.cop21.gouv.frからアクセスできます。

最終更新日 28/07/2015

このページのトップへ戻る