フランス観光開発機構とパリ空港公団がパートナーシップ協定を締結 [fr]

 パリ空港公団のオーギュスタン・ド・ロマネ総裁と、アトゥー・フランス(フランス観光開発機構)のクリスチャン・マンテイ代表は、マティアス・フェクル貿易・観光振興・在外フランス人担当大臣の出席の下、パリの空港が旅行者受け入れで持つ強みを協力して強化するため、パートナーシップ協定に署名しました。

JPEG

2015年7月21日

 パリ空港公団とフランス観光開発機構は、この協定を通して、以下の分野で新たなシナジー効果の創出をめざします。

  • フランスの交通網を発達させるため、パリ=シャルル・ド・ゴール空港とパリ=オルリー空港の旅客輸送流量や観光客流量に関する専門知識を共有化
  • 最後の印象が旅行体験で決定的なことから、パリ=シャルル・ド・ゴール空港とパリ=オルリー空港が提供するサービスやショッピング、両空港のアクセス性や魅力の向上について、さまざまな市場でPRを強化
  • パリとフランスが競合デスティネーションに対して占める地位の競争力をよりよく観察し、把握するために接続性観測機構を創設
  • パリ=シャルル・ド・ゴール空港とパリ=オルリー空港に国内外のオピニオンリーダーやインフルエンサーを専用コースで迎える個別接客を強化
  • 教育研修活動によって接客や観光産業の課題に対する空港スタッフの意識およびプロ意識を向上

 パリ空港公団とフランス観光開発機構の協力における今般の新しいステップは、観光振興評議会がめざす集団力学の一環です。パリの空港からアクセス可能なフランス国内の旅行目的地に好影響を及ぼすべく、今では調査から教育訓練、観察、エンジニアリング、接客、プロモーションに至るまで、観光産業の価値連鎖全体を一つに集約することができます。

 訪仏外国人旅行客数を2020年までに1億人にする目標の達成には、フランスの空の魅力と接続性の向上が必要なだけに、この取り組みの持つ意義が増します。

 パリの両空港の旅客数は2014年に前年比2.6%増の9,270万人強を記録、他方のフランス観光開発機構は世界中に展開する32の事務所が外国人旅行者をフランスに誘致する原動力となっています。そうしたことから両者は、フランス内外の旅行者の受け入れで最も重要な役割を果たすことをめざします。

- マティアス・フェクル貿易・観光振興・在外フランス人担当大臣「観光業は2012年よりフランス経済の基幹部門としてみなされています。パリ空港公団とフランス観光開発機構との間で本日結ばれたパートナーシップはその好例であると同時に、旅行目的地としてのフランスの魅力を常に向上させるため、関係者全体による積極的で具体的な集団力学の一端を担います」

- パリ空港公団のオーギュスタン・ド・ロマネ総裁「フランス観光開発機構とのパートナーシップは、パリ空港公団が観光産業の世界的な成長をよりよくとらえて、そこから最大限の価値を引き出し、パリとイール=ド=フランス地方、ひいてはフランス全体がその恩恵に十分に浴するようにする決意を表しています」

- フランス観光開発機構のクリスチャン・マンテイ代表「このパートナーシップは旅行目的地にとって戦略的です。というのも、旅行客受け入れに関する重要措置や、訪仏旅行者の行動や期待をよりよく把握し、先取りできるようにする観察に関する協力によって、最も重要なプロモーション面が充実したからです」

最終更新日 27/07/2015

このページのトップへ戻る