日仏両国による観光協力プロモーション2015 [fr]

 フランス観光開発機構と日本政府観光局(JNTO)は、日仏両国間のさらなる旅行者増加をめざして、2015年秋に東京とパリで共同キャンペーンを実施します。

JPEG - 57.7 kb
フランス観光開発機構のフレデリック・メイエール在日代表と日本政府観光局の松山良一理事長

 このキャンペーンは、フランソワ・オランド大統領が2013年に国賓訪日した際に、フランス観光開発機構、日本観光庁(JTA)、日本政府観光局(JNTO)の代表者によって署名された「日仏間観光協力に関する声明」に基づいて継続的に実施されます。

 今般の共同キャンペーンでは、日本とフランスの旅行目的地としての価値を高めるとともに、両国が保つ緊密な関係を基盤とする2種類の広告ビジュアルを制作して、東京とパリの公共交通機関に掲示します。キャンペーンはフランス観光開発機構とJNTOパリ事務所のオンラインニュースレターの購読者やソーシャルメディアでも展開されます。

 2014年に日本を訪れたフランス人旅行者は17万8,000人を超えました。2015年も引き続き堅調な伸びを示し、15カ月連続で過去最高を記録しています。フランス人旅行者は東京や京都など、いわゆるゴールデンルートに加えて、とりわけ四季折々の魅力や伝統文化、美しい自然景観など、日本特有の洗練された文化を求めて、日本各地のさまざまな観光地を訪れています。一方、フランスを訪れた日本人旅行者は2013年に68万2,000人に達しました。パリだけでなく、新しい景観や村、文化遺産、イベント、フェスティバル、美術館・博物館などを目的に、毎年大勢の日本人旅行者がフランスの地方の観光地を訪れています。

 フランス観光開発機構と日本政府観光局は、2国間の旅行者を一層増加させるとともに、幅広い年齢層の旅行者を主要都市だけでなく地方にも誘客するため、今後も協力して取り組みを続けていきます。

最終更新日 16/07/2015

このページのトップへ戻る