総合科学技術・イノベーション会議の原山優子議員がフランス大使館で講演 [fr]

 内閣府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)有識者議員の原山優子氏が7月7日(火)、在日フランス大使館で、日本の科学技術・イノベーション政策の最新動向と今後の展望について講演を行います。

PNG - 33.1 kb
原山優子氏

 原山氏はとりわけCSTIが取りまとめた「科学技術総合戦略2015」や、2016年から2020年までの5年間を対象とした「第5期科学技術基本計画」の内容を紹介する予定です。

 この講演は在日大使館科学技術サークル(S&TDC)の催しの一環として行われ、在京大使館や外国の研究機関の代表者が参加します。在日フランス大使館は本講演の開催を心より歓迎します。

 原山優子氏はCSTI議員に就任する2013年まで、東北大学大学院工学研究科教授を務めていました。2010年から2012年まで経済協力開発機構(OECD)科学技術産業局次長を務めたほか、文部科学省や経済産業省のさまざまな科学技術関連委員会の委員を歴任。独立行政法人経済産業研究所(RIETI)研究員やスイス・ジュネーブ大学経済学部助教授を経て、2002年に東北大学教授に就任しました。

 ジュネーブ大学では教育学博士号と経済学博士号を取得。2011年にレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章しました。

 講演の聴講は招待者に限ります。

最終更新日 23/02/2016

このページのトップへ戻る