安倍総理大臣が『ボルドー展-美と陶酔の都へ-』を鑑賞 [fr]

 安倍晋三総理大臣は7月1日、国立西洋美術館で『ボルドー展-美と陶酔の都へ-』を鑑賞しました。同展は9月23日(水・祝)まで開催中です。

 本展覧会では、先史時代から現代に至るまで20世紀におよぶ、ボルドーとその地域の美術と文化の歴史をたどります。ウジェーヌ・ドラクロワの傑作『ライオン狩り』をはじめ、考古学、美術、装飾美術、文学など、さまざまな分野を代表する貴重な文化遺産から厳選された200点を超す作品を通して、ボルドーの真の姿を浮き彫りにします。

関連記事(外部リンク)

 展覧会の詳細は当ホームページの「ボルドー展-美と陶酔の都へ-」をご覧ください。

最終更新日 15/07/2015

このページのトップへ戻る