オランド大統領がオバマ大統領と電話会談 [fr]

フランス大統領府声明(2015年6月24日)

 オランド大統領は今日午後(24日)、2006年から2012年の間に行われた盗聴に関するアメリカ国家安全保障局の文書がフランスの報道機関に流出した事案について、アメリカのオバマ大統領と電話で会談しました。

 今般の意見交換は、同盟国間の関係を管理すべき情報分野の原則を明確にする機会となりました。

 オバマ大統領はスノーデン事件後の2013年3月に交わし、2014年2月の国賓訪問の際に改めて確認した、過去には起こり得たが同盟国間では受け入れ難い行為に終止符を打つ確固たる約束を明確に繰り返しました。

 フランスの情報担当幹部が協力を深化させるため、近日中にワシントンを訪問します。

オランド大統領がオバマ大統領と電話会談 © Présidence de la République - L. Blevennec - JPEG

最終更新日 25/06/2015

このページのトップへ戻る