国防会議 [fr]

フランス大統領府声明(2015年6月24日)

 国防会議が本日(24日)開かれ、昨晩報道された2006-12年のアメリカ国家安全保障局の行動に関する情報の性質が検討されました。

 特に最初に発覚した2013年末と、オランド大統領がアメリカに国賓訪問した2014年2月に、アメリカとフランスの間ですでに釈明の対象となった受け入れ難い事実です。

 アメリカ当局によって約束がなされました。これらの約束は重ねて確認され、厳守されなければなりません。

 フランスは監督保護体制を一段と強化し、自国の安全保障と国益保護にかかわる策動を一切容認しません。

国防会議 © Présidence de la République - M. Etchegoyen - JPEG

最終更新日 25/06/2015

このページのトップへ戻る