内閣改造-オランド大統領が新閣僚を任命 [fr]

フランス共和国大統領府声明(2015年6月17日)

 フランソワ・オランド大統領はキャロル・デルガ経済・産業・デジタル大臣付商業・手工業・消費・社会的連帯経済担当大臣を依願免職しました。

 オランド大統領はマニュエル・ヴァルス首相の提案に基づいて、以下の閣僚を任命しました。

  • クロティルド・ヴァルテール首相付国家改革・簡素化担当大臣
  • ティエリー・マンドン国民教育・高等教育・研究大臣付高等教育・研究担当大臣
  • マルティーヌ・パンヴィル経済・産業・デジタル大臣付商業・手工業・消費・社会的連帯経済担当大臣

 ローランス・ロシニョル厚生・女性権利大臣付家族・高齢者・自立支援担当大臣は児童も担当します。

最終更新日 18/06/2015

このページのトップへ戻る