フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修 [fr]

 東日本大震災被災児童の自立支援に4年前から取り組む「サポートアワーキッズ」が6月2日、東京の在日フランス大使館で、フランス・ホームステイに参加する東北の中高生を対象に事前研修を行いました。

フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修
フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修
在日フランス大使館
フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修
フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修
在日フランス大使館
フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修
フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修
在日フランス大使館
フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修
フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修
在日フランス大使館
フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修
フランス・ホームステイ参加中高生が大使館で事前研修
在日フランス大使館

 サポートアワーキッズは2020年までの継続プロジェクトの一環として、連帯と国際協力への意識喚起を目的に、東北地方の若者約10人を各協力国に毎年派遣しています。中高生約10人からなる最初のグループが2013年6月に、2回目のグループが2014年6月にフランスに派遣されました。

 今年選ばれた岩手県と宮城県出身の13歳から18歳の若者10人は、6月3日から16日までフランスに滞在し、パリからル・マンまで巡るプログラムに沿って海外ホームステイを体験します。自動車メーカーのマツダとレーシングドライバーの寺田陽次郎氏のサポートを受けて、伝統の耐久レース「ル・マン24時間」も観戦します。

 参加生徒は帰国後、6月17日にフランス大使館で支援者や協力者に体験を報告します。

 詳しくは下記リンクをご覧ください。

最終更新日 01/07/2015

このページのトップへ戻る