アメリカ・ネブラスカ州で死刑廃止 [fr]

 フランス外務・国際開発省報道官は5月27日、アメリカ・ネブラスカ州で死刑廃止法が成立したことを歓迎する声明を発表しました。

フランス外務・国際開発省報道官声明(2015年5月27日)

 フランスはネブラスカ州における死刑廃止法案可決を歓迎します。ネブラスカ州はアメリカで死刑を廃止する19番目の州になります。

 アメリカで死刑執行停止に賛成する声が高まる中、我々はすべての関係当局が死刑廃止に関する議論を始めるよう促します。

 フランスはいかなる場所、いかなる状況でも死刑に一貫して反対し、この非人道的な刑罰を今なお執行するすべての国に対して、最終的な廃止を視野に入れた執行停止を確立するよう勧めます。

最終更新日 29/05/2015

このページのトップへ戻る