COP21に向けたカナダの貢献発表に関するファビウス外務・国際開発大臣の声明 [fr]

2015年5月18日

 カナダが国連気候変動パリ会議(COP21)に向けて自国の貢献を発表したことを歓迎します。この貢献では2030年の温室効果ガス排出量を2005年比で30%削減する目標が掲げられています。カナダ連邦政府の政策と各州により決定される措置の組み合わせによって実施される見込みです。

 これはカナダ政府の過去の目標に比べて進歩しています。

 カナダはCOP21に向けて自国の貢献を発表した37番目の国です。

最終更新日 19/05/2015

このページのトップへ戻る