ユベール・キュリアン・パートナーシップ(PHC)-SAKURAプログラム [fr]

 このパートナーシップは人文・社会科学を含む全学術分野で、日本とフランスの若手研究者の二国間交流を支援することが目的です。

 年間最大13の日仏チームが、日本側はプロジェクト1件につき年間100万円、フランス側はプロジェクト1件につき年間6,000ユーロの助成金を、最大2年間受給することができます。

条件

 これらのパートナーシップの枠組みにおいては、最近企画されたプロジェクトが優先されます。すでにしっかりと確立された協力については、日本学術振興会ホームページをご覧ください。

フランス側

  • 研究者の旅費助成(交通費、宿泊費)

日本側

  • 研究者の旅費および共同研究関連支出の助成
  • プロジェクト代表者が2017年4月1日時点で46歳未満

担当機関

フランス側

  • 国民教育・高等教育・研究省(MENSER)
  • 外務・国際開発省(MAEDI)

日本側

  • 独立行政法人日本学術振興会(JSPS)

応募方法

 各チームが同じ応募書類を自国のプログラム運営担当機関に提出してください。
 フランス側は、Campus Franceホームページからオンライン応募できます。

連絡先

フランス側

在日フランス大使館科学技術部
科学技術担当官(アタッシェ)
セバスチャン・コディナ
Tel:03-5798-6040
メール:PHC.Sakura[at]ambafrance-jp.org
※メール送信前にアドレスの[at]を@に置き換えてください。
URL:www.ambafrance-jp.org

日本側

独立行政法人日本学術振興会
Japan Society for the Promotion of Science
Tel:03-3263-2197 / 1932
E-mail:nikokukan[at]jsps.go.jp
URL:www.jsps.go.jp

最終更新日 06/10/2016

このページのトップへ戻る